派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば
負けないチームすなわち勝つチームができます。
縦のカーブが入る投手がエース
0

    JUGEMテーマ:野球

    こんにちは楽な練習監督です。今日は投手の選手起用についてお話します。

    題名の通りなんですが、エースはやはり縦のカーブでストライクを取れる投手が最有力です。

     

    縦のカーブって

    文字通り縦系の変化球です。何がメリットか。コースを考えなくて良いのです。真ん中高めから真ん中低めに投げ込めば、それなりにカウントがとれます。斜めに曲がるカーブはコースを考えないとストライクに入りません。

     

    その点、縦のカーブが有効的です。また、左打者右打者関係なくコンスタントにカウントをとれることも優位性があるでしょう。

     

    縦のカーブは天性のものか

    いきなり、縦のカーブを投げてみろって言われて投げれる投手はいません。遊びで慣らしてもきっとできないでしょう。手首肘肩の使い方が縦の変化球に合っていれば投げられるものです。

     

    私を例に上げると、サイドスローで投げても縦のカーブです。斜めは投げれません。

     

    天性に近い存在だと思いますので、どうか投手としての道を作ってあげてほしいものです。

     

    唯一ウエストボールが有効的になる

    先日の記事でウエストボールは意味が無いと切り捨てましたが、縦のカーブを持っている投手は別です。非常に有効的に働きます。ただし、高めのストライクストレートでは思いっきり飛ばされるでしょう。

     

    縦の変化は先程申し上げたとおり、真ん中に投げていればよいのです。もちろん決め球でスライダーやフォークを持っていれば別問題ですが。

     

    カウントを多く取れば取るほど、セイバーメトリクス(野球統計学)上打者の打率は下がります。

     

    初球から変化球を待つ打者は少ない

    よっぽど、自信があるか、よっぽどチーム打撃ができているかにもよりますが、初球から縦のカーブを狙う打者は少ないでしょう。

    その点、縦のカーブはとても優位性があります。

     

    残念ながら決定的な決め球にはならない

    縦のカーブはあくまでも、カウントを取りに行く球なので、ずっと投げているわけにはいきません。

    しかし、縦のカーブの投手の腕の動きから得意なボールがあります。それはスプリッター系統の球です。これらはとても上手だと思います。

    沢山新しいボールで練習を重ねて見て下さい。

     

    今回はこれまで

     

    Posted by : 楽な監督 | 投手 | 04:34 | comments(0) | -
    ウエストボール(釣り球)の使い方
    0

      2ストライク追い込んだあとに高めの速球を要求するチームがよくあるが、なんの為に行っているか考えたこと、実験したことはあるだろうか。

      ?

      結論から言って  99%無意味

      ?

      残りの1%は球速が速く縦の変化球を持っている投手となる。

      ?

      ウエストボールを投げたいなら残りの1%に入らなければならない。が、実際そう簡単になれるわけもないので、特別な2ストライク追い込んだあとの配球をご紹介したい。

      ?

      インコースのボール球【高低問わず】

      これをズバシと投げれたら投球の幅が広がる。

      ?

      特にアマチュアでは避ける行為がないとDBにはならないので、ガンガン多用すべきだろう。その後、落ちる球や外のスライダーで空振りをとりに行くのが利口だと思う。

      ?

      ウエストボールを投げた結果は良い時は空振り、ポップフライ、高めに目が移る【そんなこと一切ありません】

      悪い時は見逃し、真ん中に入って痛打。

      ?

      リスクが高いボールは投げないようにしましょう!

      ?

      ちなみに軟式ボールには検定球と検定落ちがあるのをごぞんじでしょうか?練習や試合で分けて使ってみてください!!

      ?

        

      -----
      Posted by : | 投手 | 08:43 | comments(0) | -
      風の強い日に弱いピッチャーの特徴
      0

        ピッチャーだけに限らない話ですが、風の強い日はアマチュアピッチャーはかなり影響を受けやすいです。
        指導者からは「下半身の強化不足」とまとめられてしまいます。

        なぜなら片足立ちした時に、フラついてコントロールが定まらないから。

        しかし、それは単に下半身の筋力不足と言うわけではありません。

        むしろ、体幹のバランス力不足」

        という方が正しいでしょう。道具を使わずにまずは、以下のことを試してみて下さい。

        ?投球フォームの時に片足立ちになると思うのですが、その姿勢を目を閉じて、何分できるか試して下さい。
        ?ちょっとだけ揺らして下さい(人差し指でちょんと押すだけでいいです)

        大概の選手はできません。安定しないのです。筋力の問題ではないです。

        練習方法



        ともかく体幹トレーニングを実施しましょう。私から紹介するのは確実に効果を上げて、なおかつ、家でもできる。しかも楽。

        バランスボード(片足タイプ)の上に
        ●片足立ちを永遠行う。
        ●軽い屈伸をする
        ●投球フォローを取ってみる

        この3点だけで格段に違いが見えてきます。

        ただ、この練習の最大の苦痛は毎日やらなければならないことです。

        苦痛の対策



        TVを見ながらやりましょう!動画ストリーミングアプリを使ってもいいと思います。
        音楽を聴きながらやりましょう。

        ただ、集中はしてください。転んで怪我になりますので。

        今回紹介したもの


        ?

        ?

        ?

        ?

        -----
        Posted by : | 投手 | 08:11 | comments(0) | -
        風の強い日に弱いピッチャーの特徴
        0

          ピッチャーだけに限らない話ですが、風の強い日はアマチュアピッチャーはかなり影響を受けやすいです。
          指導者からは「下半身の強化不足」とまとめられてしまいます。

          なぜなら片足立ちした時に、フラついてコントロールが定まらないから。

          しかし、それは単に下半身の筋力不足と言うわけではありません。

          むしろ、体幹のバランス力不足」

          という方が正しいでしょう。道具を使わずにまずは、以下のことを試してみて下さい。

          ?投球フォームの時に片足立ちになると思うのですが、その姿勢を目を閉じて、何分できるか試して下さい。
          ?ちょっとだけ揺らして下さい(人差し指でちょんと押すだけでいいです)

          大概の選手はできません。安定しないのです。筋力の問題ではないです。

          練習方法



          ともかく体幹トレーニングを実施しましょう。私から紹介するのは確実に効果を上げて、なおかつ、家でもできる。しかも楽。

          バランスボード(片足タイプ)の上に
          ●片足立ちを永遠行う。
          ●軽い屈伸をする
          ●投球フォローを取ってみる

          この3点だけで格段に違いが見えてきます。

          ただ、この練習の最大の苦痛は毎日やらなければならないことです。

          苦痛の対策



          TVを見ながらやりましょう!動画ストリーミングアプリを使ってもいいと思います。
          音楽を聴きながらやりましょう。

          ただ、集中はしてください。転んで怪我になりますので。

          今回紹介したもの


          ?

          ?

          ?

          ?

          -----
          Posted by : | 投手 | 08:11 | comments(0) | -
          2016年夏甲子園守備の部
          0

            夏の甲子園からしばらく経ちましたが、観戦していて自分のチームに落とし込める事を考察してみました。

            ・金属バットの優位性
            ・サウスポーの優位性
            ・半速球の被打率が高い
            ・外野のポジショニング
            ・継投の必要性
            ・捕球後の送球の正確さ

            などが今甲子園の特徴かと思います。それぞれ、どのような意味があり、自分のチームにどのように反映させていくかを記事にしたいと思います。

            金属バットの優位性



            ともかく打球が速い。
            詰まっても振り抜けば内野の頭を越える。
            外回りしている打者でもそれなりの力があれば上位打線を打つことができる。

            そこから・・・
            →瞬間的なヘッドスピードを高める必要がある
            →内回りで振りぬくことが必要
            →外回りでも打てるので、矯正しにくいが特徴を伝える必要がある

            ともかく何度も観て頂いていますが、ヤクルトの川端選手のTバッティングを参考にしてください。


            東京ヤクルトスワローズ 川端慎吾

            顔がぶれなく、右肩が壁になりヘッドスピードが一瞬高まっている。独特なタイミングの取り方は真似する必要はないと思います。現代野球では足をあげることやグリップ位置を変えることはあまり良いことでは無いと思います。
            甲子園で例えるならば東海大相模の打者のタイミングの取り方が皆小さい印象でした。他にも数チームありました。

            サウスポーの優位性



            私はあまり理解できないのだが、サウスポーに対しての打率が異常に低い。日本人には左打ちが多いからかもしれないが・・・

            半速球の被打率が高い



            金属バットを使用しているので、横の変化で85センチのバットを外すくらいでなければ空振りや凡打は取れない。もちろん過去にも記述したことがあるが、ナチュラルシュートするタイプのピッチャーであればそのままで良い。半速球にあたらないと考えて良いと思う。
            ここで、問題なのは小さい変化。カッターである。芯を少し外すと打ち取れるという木製バットを使う野球の理論である。金属バットでは効果はない。効果があるのは縦のカーブとチェンジアップ。これはなかなか打つことができない。
            究極のカーブをアップしておきます。


            【メジャーリーグ 選手紹介】 クレイトン・カーショウ HD 〜2013 Clayton Kershaw

            外野のポジショニング



            金属バットを使って、なおかつ地方大会優勝校なのだから1番から9番までホームランを打ったことがある打者が揃っていることを感じて欲しい。また、プロ野球では3ベースヒットがでないのになぜ、高校野球ではでるのか。それはいわゆるポテンヒットをアウトにしたくて前進守備を敷いている。
            ピッチャーは打たれた瞬間にヒットかアウトかくらい分かるが何塁打になるかまでは分からない。だったら深い守備位置で2ベースヒットに抑えれば良い。この考え方は、中高年の方には分かるかもしれないが、埼玉の上尾高校監督野本さんがよく使用しており、現在の浦和学院にも伝えられている。投手心理を考えれば、通常深めで前にしたければサインで投手が外野を前進させれば良い!

            継投の必要性



            打者が異常に成長するのはマシンがより普及してきたからである。チームに140キロを投げる投手がいなくても練習はできる。だから投手も異常に成長している。すなわち、人間の体力の限界で投球している投手が多く、その方が抑えることが出来る。また、チームバッティングの普及によって3順目には焦点を絞っている。そこから、タイプを外すことが必要。もちろん右上→右上でもOK!顔が違えばタイプも違う。微妙な変化が一番戸惑う。

            捕球後の送球の正確さ



            エラーには何種類かあるが、捕球が出来ないのは仕方がない。大体のチームは捕球はできる。それは少年野球でも同じ。ただ、送球エラーは完全に練習不足。送球に不安がある選手ほど捕球エラーは多い。
            投手は捕球した時点で安堵感を感じるが、送球エラーによってガッカリする。エラーの質としては最悪だ。だったら、投げない決断力も必要である。無論、内野ゴロで捕手が1塁バックアップに全力で行っていれば別だが。
            良い送球をうる為には、球速を上げる方法もひとつである。投手と同じ教育を受けて、捕球した後、肘を肩のラインまで引き上げる。または、右手を右耳に当てるなどのイメージで行うと良い!
            練習にあたっては自宅でもチームでもネット送球の練習を続けて行うと良いと思うと思う。

            http://ping.blogmura.com/xmlrpc/n8y89a1x2vpo

            -----
            Posted by : | 投手 | 07:35 | comments(0) | -
            必読!ためになる野球マンガ・アニメ『メジャー』
            0

              中高年の方々にはスポ根アニメとして有名な『巨人の星』や青春系の『タッチ』が有名なところではないでしょうか。

              今日ご紹介したいのは『メジャー』です。NHKで連続放送されただけあって非常に教育的で野球というスポーツを非常に理解しているマンガ・アニメです。

              www6.nhk.or.jp



              全部録画して観ましたが、選手としても指導者としても刺激的で現代野球に合った最新版アニメと言って良いでしょう。

              ?シーズン1〜シーズン6までありますので、少年期からプロに至るまでピックアップして観ることもできるので超オススメです。

              ?

              ?

              -----
              Posted by : | 投手 | 04:05 | comments(0) | -
              ストレートがスライダーする要注意!
              0

                前回、ストレートがシュート回転することは決して悪い症状ではないことを記事にしました。

                『シュート回転のストレートは悪くない』

                ただ、スライダーする選手には1つないしはいくつかの問題点があります。

                一見スライダー回転には見えない

                ここが指導の際分析に悩むところではないでしょうか。

                私も長年野球をやっていきてスライダーする選手の特徴が少なからず分かります。

                ボールの質としては伸びること無く落ちる。これはピッチング、フィールディングに限ったことではないです。ピッチャーであれば、早急な改善が必要でしょう。

                一番の原因は球離れの時のパワーバランスにあります。

                中指の内側で切っている

                可能性が1番高いでしょう。なぜそうなってしまうのか。

                肘から先が遠回りしている

                これはきっとビデオ撮影して腕から下のパワーが、たった肘から上で分散されていることを突き止めなければなりません。

                指導にあたっては本当に苦労することだと思います。なんせ、全ての球が勢いなくスライダー・小さいカーブすることはバッターからすれば絶好のヒッティングボールだからです。

                中には硬球になって初めて経験する選手もいれば、新しい球で疲れをまだ感じない時限定の症状である可能性もありますが、それらの場合は持ち方がそもそも悪い可能性が大きいです。

                解剖学的に見ても、腕の振りは必ず小指が立って球離れするわけですからスライダーは身体に負担になっているといえます。


                投球フォーム トップの作り方

                この修正によって身体を開かせてシュート系にもっていくことは厳禁です。

                【参考】スライダー的球離れを推奨しているスポーツ


                ボウリング基礎練習 リリース編(レッスン1) Bowling Practice

                ?

                ?

                http://ping.blogmura.com/xmlrpc/n8y89a1x2vpo

                -----
                Posted by : | 投手 | 06:42 | comments(0) | -
                TOP