派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば
負けないチームすなわち勝つチームができます。
サードが取るのかショートが取るのか
0

    背景

    先日草野球に久しぶりに行ってきました。助っ人だったので、本職のピッチャーをすることはできませんでした。ん〜困った。中学時代に少しやったことのあるサードを守らせてもらいました。ショートはそのチームの常連さんで高校野球までやっていたおじさんです。本心は負けないぞって感じですが、身体が動きませんね。肩は強いですが。

    ?

    守備位置

    草野球の場合、高校や大学と違って、ショートが前の方に詰めていて、サードがギリギリ引いたポジションをとるらしいのですが、私は全く知らず、アンツーカーの後ろにかまえていました。自分で言うのはなんですが、プロの守備ですね。なぜなら、ボテボテの前のゴロでも処理できて、素早く早いボールを投げればファーストは取ってくれて足の遅いおじさんでもアウトにできると思ってました。

    ?

    実際のところは、ボテボテになると、バッターは本気で走ってきて、少々ストライクゾーンから外れた速い球を送球すると、ファーストは取れないんですね。記録はサードエラー。それが2回続いて、私は気が付きました。草野球のあり方を。でも口にはしませんでした。

    ?

    事件です

    その回を終えてダッグアウトに戻ってくると、いきなり先輩の野球評論家が私を責めるのです。おっしゃることはよく分かりましたが、あれが大学時代ならアウトになってると思ってしまったところがいけなかったんでしょう。すいませんと謝るとじゃあ次はどうしたらいい?と。混乱している選手にとっては超がつくほどの難問です。

    ?

    私は、前に守ってゆるい球で打者走者をアウトにします。と答えました。

    どうやら先輩と意見が合ったらしく、その場は切り抜けました。

    ところが、ショートの先輩が茶々入れてきて、それじゃあ俺の守備範囲広がるだろ!っと。

    ?

    あぁ〜草野球ってめんどくさい。科学的には解明できないルールがあるんですね。人のパワーバランスもありますし。結局、私は中間点に守ることになりました。

    ?

    更に事件です

    ちょっと速い打球がサードとショートの間に転がってきたのです。私の頭のなかでは長嶋茂雄さんなみに、奪って取って素早い送球!っだったんですが、足はもつれ、ワンバウンドの130キロくらいの球を投げてしまったのです。完全にメンタル崩壊です。謝る先が多すぎる上に、相手チームは賞賛。

    ?

    立ち返って冷静に考えれば、サードが取る球なのですが、その後の処理が間違っていました。送球の大切さを思いしらされました。送球練習については下記に記載のとおりです。?

    www.katsuzo.com

    ?その回が終わって

    あれだけ、守備範囲を広げたくないと言っていたショートの先輩は「あれは俺の球だろ」っと。野球評論家の先輩は「なんでサード」なの?っと

    ?

    考察

    一般的な野球論では草野球は勝ち上がれないと感じました。ただ、ひとつ言えるのはアウトを確実に取るということ。そのためには何をしなければならないのかを思いっきり考えさせられる場面でした。

    ?

    それぞれ、野球は小学校から大学社会人プロになってできることも大幅に広がり、ステージにあったプレーを求められ、実行します。それと同じように草野球においても、プロのレベルには到底至らないものの、そのステージにあった采配をしなければならないと感じました。助っ人だから分からないっというのも何なので、草野球開始の時にはミーティングを開き、シミュレートしておくといいかもしれません。

    ?

    まとめ

    やっぱり、一人舞台のピッチャーがいいや。楽だ。

    ?

    本気野球している方はセイバーメトリクスを信じて行えばいいと思います。ローカルルールではなく、野球統計学なので。

    ?

    www.katsuzo.com

    ?

    -----
    Posted by : | 草野球 | 13:27 | comments(0) | -
    おじさんの投げ方〜フォローの取り方〜
    0

      先日、『デブの投げ方〜投手〜 』を記事にしたのだが、渾身の一撃だったのに反応がいまいちだったので、その応用をお話したいと思います。

      ?

      win-baseball.hatenablog.jp

      ?



      関節が柔軟に動かないデブさんやおじさんはフォローの取り方を少し気をつけるだけで、パフォーマンスと怪我リスクが格段にさがります。

      フォローは

      利き腕と反対側に倒れこむ

      なぜか。肩や腰の回転には限界があり、特におデブやおじさんの場合は可動域が格段にせまくなっています。そこで、出たのがこの投げ方。

      右ピッチャーの場合、左足付け根の股関節を中心としてクルッと回る意識がベストでしょう。身体で吸収できない力はそのまま左側へ流してしまえばいいです。

      デブである以上9人目の野手は控えましょう

      有名選手を載せておきますので、参考にしてみてください!


      1992 ロジャー・クレメンス 1    日米野球  William Roger Clemens

      ?

      「たかが草野球」で人生が変わる

      「たかが草野球」で人生が変わる

      ?

      ?

      -----
      Posted by : | 草野球 | 09:16 | comments(0) | -
      練習試合の組み方
      0

        みなさまのチームは練習試合の効果をどのように感じていますでしょうか。学校の関係で土日になるケースがほとんどだと思います。

        一般的な例としては
        ホームで行う場合には早出し練習試合→全体練習
        ビジターで行う場合には移動→練習試合→(合同練習)→解散

        ではないでしょうか。
        私はこの行い方は一般例として効率の良いやり方だと思いますが、選手の技能向上については疑問があります。

        積極的な選手の場合、平日のきつい練習の成果を土日の練習試合で披露することがモチベーションの向上につながります。

        消極的な選手の場合、試合の方が楽なので土日が楽しみになります。

        どちらの場合の選手も大会や練習試合を年間何回こなすでしょうか。回数を数えれば結構な回数で、費用もそれなりにかかるでしょう。

        私の経験上、練習試合ほど楽なものはなく目的意識が相手を抑えて気持ちいい気分になるっといった状況でした。

        しかし、それはルーチンであり、9回投げきり何か身についたでしょうか。

        やはり、練習試合は土日の片方にして目標意識を予め共有して置くことが必要だと思います。この練習試合では何がやりたくて、実際どれだけ出来てできなかったのかを反省することが必要です。お金に余裕があれば、ホームの時に球場を抑えて公式戦形式の本格練習試合を組んでみてもいいでしょう。

        私のモットーは楽して勝つことですから、練習は通し練習で全体練習、自主的練習をやれる体力を残すこと。また、チームの方向性を予め決めておくことが必要です。

        サラリーマンで言えば、プレゼンの事前会議のための会議を行っていないですか?
        練習試合がプレゼンならばそのための会議は一発で仕留めたいものです。

        サラリーマン監督なら無駄を極端に省くことも可能だと思います。練習試合も組み方を変えて楽に効率的にしていきましょう。

        ?

        野球 試合で勝てるチームの作り方

        野球 試合で勝てるチームの作り方

        ?
        小倉ノート 甲子園の名参謀が明かす「トップチーム」の創り方

        小倉ノート 甲子園の名参謀が明かす「トップチーム」の創り方

        ?

        ?

        -----
        Posted by : | 草野球 | 05:26 | comments(0) | -
        TOP