派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば
負けないチームすなわち勝つチームができます。
寒い冬場の守備練習ノック
0

    JUGEMテーマ:野球

    寒い時期になってきましたね。野球は暖かくないとできない練習と寒い時だからこそやる練習があります。しかし、昔は冬場はフィジカルトレーニングだけで、テクニカルをやらないといった指導がありました。最近では否定されています。

    ノック守備練習は年間通して行う

    ボール感覚はすぐに忘れてしまうものです。フリー打撃の横からノックをやってもいいですが、カタチはどうあれ、ノックは続けるべきです。バウンドの感覚は本当にすぐに忘れてしまうからです。

    寒い時期のノックのやり方

    シートノックでは自分の出番まで時間があります。なので、できれば1塁側にノッカー1人、3塁側にノッカー1人を配置して外野はゴロとフライ感覚をつかむだけで良いでしょう。あくまでも、ギリギリをつかむ練習というよりは、正面の打球を正確に補給して送球する練習です。そのときに大切なのが、木製バットでゆるい球を打つことです。

     

    指導者によっては前手でボールを上げる方がいらっしゃいますが、練習して後ろ手でボールを上げる練習をしましょう。それは、バックスピンをかけるためです。ノックは簡単な打球を正確に処理するものですから、バックスピンの簡単な打球を打ちましょう。もし持っていないなら購入することをオススメします。軟式でも硬式でも同じです。最初は慣れなくて折れるのでまとめ買いすることを勧めます。

     

    種類は沢山ありますが、上記のノックバットは芯が違う素材ですので、折れにくい仕様になっています。外野ノックでもバックスピンで飛ばせると思います。

     

    送球練習

    わざわざ1年やファーストの選手を捕球のためだけに配置するのはもったいないので、ネットにしましょう。そのほうが、入れてやるぞ!っという意識が高まり、無駄な動作が減ります。精神的にもプレッシャーがかかるので、人よりネットの方が良いでしょう。

     

    ゆるい球を打っているのだから、当然捕球から送球動作までは早くしなくてはなりません。ビデオで確認する方法も1つの手です。いかに自分が遅いかを実感できます。

     

    まずは、ネットですが、こんな感じなのはいかがでしょうか。

    冬場の勉強会

    自分がどんな選手で何がかっこ悪いのかを認識させるためにはやはりビデオ撮影です。ビデオで見て、何秒かかっているなど、比較して客観的に捉えることがとても重要になってきます。ぜひ導入して下さい。

    Posted by : 楽な監督 | 野手 | 17:08 | comments(0) | -
    高校野球はサイン・ジェスチャーで指示を伝える
    0

      JUGEMテーマ:野球

      どうも楽な練習監督です。今回は高校野球の試合についてお話します。おつきあい下さい。

      練習試合の静かさ

      練習試合は観客がいないため、声がよく通ります。なので、元気だしていこうとか言って、声での指示が中心になると思います。

      ジェスチャーよりも声、これが練習試合や練習の特徴です。

       

      夏の大会のうるささ

      夏の大会はチアやブラスバンドなどが入って観客も多いです。本当にうるさいです。なので、守っている側からすると接近して話をしないと届かいです。しかしながら、練習では声中心の指示を行っていたため機能しない現象が起きます。

       

      特に、太鼓の音ならまだしも、ドラムを使うチームの応援は本当に響きます。声がまったく通らないことを2年のうちから覚えておいた方がいいです。

       

      ジェスチャーを決める

      なんでもかんでもジェスチャーを使いましょう。それは決めるのが最もいいですが、日頃から声を出すときに動作をしてください。その動作がジェスチャーとなり、うるさい試合でも、有効的に働きます。落ち着いてとか、低めに抑えてとか。。サインでは表せないことをジェスチャーで行うのです。レギュラーである程度固まっているチームなら、あいつがこの動作をしたなら、こういうことだなっと連想できます。

       

      練習にあたっては

      もちろん声も必要です。しかし、ジェスチャーと、常にベンチを見る癖をつけて下さい。ベンチからの指示は声では通りません。なので、いつジェスチャーを送ってくるかなど、タイミングを見計らってベンチを見る。この癖をつけることによって、ベンチとの呼吸を合わせることもできます。

       

      声がジェスチャーを生むと考えて下さい。

       

      今回は以上です

      Posted by : 楽な監督 | 野手 | 10:13 | comments(0) | -
      外野はカットマンまで投げれば良い
      0

        JUGEMテーマ:野球

        こんにちは楽な練習監督です。今日は捕殺を狙う外野手と内野手、キャッチャーのお話です。

        想定する場面はランナー2塁のバックホームクロスプレーです。

        今日もよろしくお願いします。

         

        外野手の傾向

        外野手は特に肩の強い選手に多いのですが、自分ひとりで捕殺、クロスプレーを狙いに行きます。そんな傾向ないでしょうか。少し山なりの速い球でキャッチャーとランナーの間に投げ込むプレーが散見されます。

         

        何がいけないのか。

         

        まず、山なりになるところがいけません。バッターランナーも牽制しなければならないので、必ず内野手、カットマンの身長以下に抑える必要があります。

         

        次に、外野からキャッチャーまでの約50メートルか70メートルを一人で投げようとすると、ストライクゾーンに入るわけがありません。ピッチャーの18メートルでもストライクを取ることが難しいのに。無理はしてはいけません。

         

        内野手の傾向

        内野手はキャッチャーからの指示の下動きます。右、左、追え、引け。まずはこれが手一杯でしょう。自分自身である程度、把握できるようになれば、キャッチャーの指示が減ります。それを目指して内野手カットマンは動けば良いのです。

         

        チームによってはショート、セカンドがカットに入る場面もあるでしょう。その時もキャッチャーの指示は絶対です。しかしながら、判断力の鈍いキャッチャーが多いので、大概カットマンは自分でストップしてやろうと意気込みます。なので、外野から浮いた送球がくると、せっかく準備していたのに外野の凡ミスで・・・と嘆くでしょう。

         

        もちろんカットマン本人の身長以下で、早い送球、ストライクが来れば、取らなくても良いとは思いますが、基本的には内野手はカットする気持ちでいっぱいです。

         

        キャッチャーの傾向

         

        チームの中心人物なら良いのですが、大概のチームではキャッチャーは立場が少し弱いです。なので、カットマンへの指示に対して臆病になったり、的確な指示を即座にすることができない傾向にあります。特に、カットマンの位置取りが、センスのない選手ならなおさらです。指示もそれだけ増えますし。

         

        キャッチャーの欲望としては、ストライクが来て欲しいと願っています。それはカットしてもしなくても同じです。余計な動作をしてタッチプレーに持ち込むのは至難の技です。

         

        登場人物が話し合う

        まず、話し合いましょう。私はここのポジションだから何がしたいのか。を共有するところから始めましょう。指導者はそれを聞きある程度方向性を見出しながらサポートすれば良いでしょう。個人の特性は様々ですので。

         

         

        結果なにをしたら良いのか

        話し合った結果、導き出されるのは常にこの答えです。

         

        外野手は低い速いボールを投げること

        内野手は直線状に入ること、外野手と自分の肩の中間地点に入ること

        捕手はストライクを投げてもらうことの為に指示をする

         

        こんな結果になると思います。では各々にやってもらいましょう。最終目的は捕殺ではなくて3塁ストップを目指して、かつ、バッターランナーは1塁ストップを目指すことを忘れないでください。

         

        特に外野手は何をすべきか

        自分でなんとかしてやるとか、がむしゃらにやってやるとか。これらを排除して、自分の責任を明確化して、カットマンまで素早く投げることを責任として感じることです。

         

        すなわち、大きなフォームでキャッチャーまで投げることは必要ないでしょう。責任の範囲外です。

         

        では、何の練習をしたら良いのか。ゴロが転がってきたら素早いモーションで小さくコンパクトに腕を振り抜いてカットマンまで投げる練習をします。

         

        おれは遠投100メートル投げれるんだ!なんて意識は必要ありません。このときにも内野手から教えを請うて、ゴロを素早く自分の手から放出する方法を見つけて下さい。

         

        責任を明確化したあと

        もう簡単です。捕殺は捕手、内野手、外野手で行うものです。誰かが欠いてはいけません。

        試合をしていれば、博打の場面があると思います。その時でも、これらの意識は忘れないで下さい。

        外野手の勝手な判断で博打をすることはチームとして厳禁です。責任を果たしてから勝ち負けを考えて下さい。

         

        野球はチームプレーで責任がそれぞれあることを意識して行いましょう。

         

        これでおしまい。

        Posted by : 楽な監督 | 野手 | 14:10 | comments(0) | -
        ホームランのない野球はこうするべき
        0

          ホームランが出始めるのはだいたい高校生になってからではないでしょうか。私が初めてオーバフェンスしたのも高校2年の新チーム初戦でした。先輩も抜けて一発狙いたくなったのはたしかです。

          ところで、少年野球からおおよそ高校野球まではホームランを意識する必要はないと考えます。

          守備面では2アウト後の配球は完全に一発警戒しないようにするべきだと考えます。意外と選手はホームランを意識しているものです。なにせ憧れですから。何度もしつこく言うように3球で2ストライク取ることを意識しましょう。ただし、長打を警戒するならば、外野の守備を下げるなどの対策を取った方が良いです。

          攻撃面に関しては、打てる自信のあるバッターは狙っていいでしょう。ただ、初球だけ。あとはミートバッティングに専念するのみです。2アウト後の打者はともかく簡単に狙ってくるストライクを振りぬくだけです。2ベースがでればラッキーと考えるべきでしょう。連打で得点の可能性がありますので。

          一発警戒。これは捨てた方が良いです。アマチュア野球とプロ野球は違うので、アマチュアらしいプレーを心がけるようにしましょう。

          本気で打ちたいなら、手打ちをし、振りぬき、筋肉を鍛えるべきでしょう。先日の記事にも書かせていただきました。

          -----
          Posted by : | 野手 | 05:41 | comments(0) | -
          送球の重要性と練習方法
          0

            ランナーをアウトにするためには捕球から送球が必要です。キャッチボールが送球練習になっているかどうか。そこは疑問があります。ただ、肩をあたためている選手がほとんどでしょう。

            よくプロ野球高校野球を見ていると「ランナーの足を気にして投げ急ぎましたね」なんて解説を聞かないでしょうか。送球に絶対的な自信があれば、捕球に専念することができます。送球というのは本当に大切なのです。

            ノックやキャチボールでは送球練習はできない!
            なぜなら、捕球に意識がいき、素早い送球姿勢に入ることがない為。

            練習方法
            捕球が済んだら素早く利き手を耳付近に引揚げ肘を肩のラインより高く保つ。これが送球の基本姿勢です。この姿勢が出来ずに送球してもコントロールがつかないだけではなく、捕球態勢によって送球まで至らないケースがでてきます。

            ?壁当て
            ゆるい球を投げて返ってきたボールを捕球して、送球の基本姿勢にもっていく。まずは姿勢をつくりましょう。

            ?ネット送球
            2人組になって片方が簡単なゴロをころがす。もう片方が基本姿勢で捕球。素早く送球の基本姿勢に入りネットへ送球。

            どちらの練習方法もコントロールを気にしないでできる点が利点です。コントロールまで意識すると捕球と送球の基本姿勢がおろそかになります。

            ネットは非常に便利なので、ティーバッティングまたは送球練習用に準備しておいた方がいいでしょう。

            ?

            ?


            西武ショート永江 軽快なフットワーク&スローイング!(2016年6月5阪神戦)


            野球教室 究極の野球教室で教える 捕球から送球まで

            ?

            ?

            -----
            Posted by : | 野手 | 04:22 | comments(0) | -
            TOP