派手に練習をしなくても理論と個人の力を存分に発揮すれば
負けないチームすなわち勝つチームができます。
変化球の打ち方とタイミングの取り方
0

    JUGEMテーマ:野球

    こんにちは楽な練習監督です。今回は変化球を上手く打つためのコツとタイミングの取り方について記載します。

     

     

    アマチュアの変化球で多いもの

    絶対的にカーブです。カーブは速球と比べて20キロほどスピードが制限されます。当然タイミングが変わるし、変化もありますので、選球眼も必要になります。

    また、スライダーなどを投げてくる投手もいるとは思いますが、曲がり方が横なだけで、カーブとさほど変わらないのではないでしょうか。

    さらに、スプリッター系統の変化球については、かなり打つこと、難易度が高いのでここでは省略させていただきます。

    バットの出し方

    ストレートと同じで構いません。カーブだからといってすくい上げたり、アッパー気味にしたりする必要はないです。なぜなら、打点は常に同じで、バットの上部に当たればフライ、下部に当たればゴロというセオリーがあるからです。それを下手にイジってしまうと、スイングが崩れてしまいます。

     

    すなわち、ヘッドスピードが急激に減速します。ヘッドスピードこそがボールを遠くへ飛ばす唯一の方法です。

    打点に関して練習したい方はそれ用のバットがありますので、参考にしてください。

     

     

    タイミングの取り方

    これもストレートと同じです。ん?それでは20キロの変化についていけないじゃないか。っと思われる方も多いのが普通です。

    何が言いたいかというと、投手のモーションに対してはストレートと同じで、リリース後のタイミングの取り方にタイムラグをつけるということです。

     

    つまり、普通の打撃フォームでトップの位置をそのままにして待つということです。

     

    1.2.3で打つところを1.2....3で打つイメージです。

     

    悪いイメージは...1.2.3これでは変化球しか対応できず、上位にいくほどよい投手が現れるので対応しきれないでしょう。

     

    投手からして、1.2.....3でトップが固まっている状態(いつでも打てる)で見逃されると嫌な気分です。いつでも臨戦態勢だなっと思ってしまいます。

     

    バッティングセンターで裏からビデオを撮影しても良いと思います。どこのバッティングセンターにもカーブ機能のついたマシンがあるはずです。これもストレートの感覚で待ってトップは残して打つようにしてください。

    ビデオ撮影の効果

    これはすさまじい効果があります。大抵の人が自分のバッティングフォームが恥ずかしいと感じるでしょう。今までこんなんを人前でやっていたのかと思うとぞっとします。

    フォームはこれくらいにして・・・

    さいごに

    選手は主観性はあっても客観性はないです。また、1度成功したことを続ける意識が強いです。それが、たとえ間違った方法でも。

    それらを、指導者は見ぬいて方向修正して上げて下さい。

     

    これでおわり。

     

    Posted by : 楽な監督 | 打者 | 09:04 | comments(0) | -
    硬式野球ではバットを完全に振りぬくことが大切
    0

      金属バットってなんであんなに反則なんでしょう。本当に飛びます。飛ばないと思っている方がいるとすれば、なんらかの過ちを犯しているはずです。そこを改善していきましょう。

      ?

      はじめに

      物理の時間ではないですが、バットの重さ(打ち負けない)のとヘッドスピードどちらを重きにおいて練習すればいいでしょうか。

      答えはヘッドスピードです。

      ?

      飛ばない人の典型例

      当てに行って芯を外す。これが最悪なパターンです。金属バットは非常に優位性があるので、芯を外れたところで、ヘッドスピードがあれば、簡単に内野の頭を超えます。

      ?

      つまり、いつものスイングを振りぬき、空振りでもいいじゃないですか。右投手のシュート系の球をどん詰まりしても振りぬけば超えます。

      ?

      振りぬくことの大変さ

      人は芯に当てて飛ばそうとする反射神経が身についています。しかし、2年生あたりでそれは払拭してください。何が何でも振りぬくことが大切です。バットを平面に出すより、左肘を閉じて壁をつくり、ヘッドスピードを徹底的に上げ、振りぬく。これはかなり難儀です。しかし、練習すれば可能です。

      ?

      練習方法

      つまってもいい意識を持つためにはティーバッティングです。近めに速い球を投げてもらい普通にスイング。あまり数をこなすと、詰まる癖がつくので要注意。意外と飛びます。

      基本的に意識やテクニカルな部分はティで行いましょう。フリー打撃は99%スイングで逆方向に引っ張ります。

      ?

      プロやメジャーの選手の真似をする

      スポーツは真似事です。さらに付加価値がつけばそれは、上達を意味します。

      ともかく研究してください。プロのフォームと自分のフォーム(わからなければビデオ撮影)ビデオ撮影に関しては前の記事で書きましたので参考にして下さい。

      ?

      真似事を自分のものにしてぜひ付加価値をつけて下さい。

      ?

      -----

      Posted by : | 打者 | 07:41 | comments(0) | -
      アッパースイングは構わない!〜ゴロの打ち方〜
      0

        よく巷で言われるのが、ボールを上から叩けという言葉。確かに間違いではない。ポップフライをあげるよりも、ゴロほ方がヒットゾーンとエラー率も高くなります。

        要するに バットの下面をボールの上面に当てれば良いだけの話です

        だからダウンスイングになるとボールの下面を狙うことになり、ポップフライやバックスピン回転のカンタンな内野ゴロにつながる可能性が高まります。

        日本人の選手は大概ダウンスイングを目指しているので、目標はレベルスイングでアッパースイングを目指しても構わないでしょう。むしろ、練習すべきはTバッティングでわざとフライを上げる練習。これは長距離ヒッターにとってはとても良い方法だと思います。

        Tバッティングでネットの下の棒にガツンガツン当てる選手にはフライの方がちょうど良いので、個々の選手の特徴に合わせて指導を変えていくのもひとつの手だと思います。

        ?

        何もかもバッティングの微調整はフリー打撃ではなくTバッティングで調整していきましょう。それからフリーや実践に入っていくのが形を整えやすいです。


        ?

        ?

        ?

        ?

        ?

        -----
        Posted by : | 打者 | 09:52 | comments(0) | -
        ホームコーチャーは必ずやろう
        0

          1・3塁にランナーコーチャーがいるのは当たり前だと思います。居なかったら審判から催促もありますので。

          今日話題に上げたいのはネクストバッターが行うホームコーチャーです。高校野球でも稀に行っていないチームがあるのでぜひ行って頂きたい。

          目的は

          怪我の防止・適正なスライディングの指示 等

          ランナーがホームへ駆け込んでくる前にバッターが投げたバットを片付け直ぐ様ランナーコーチャーと同じアクションをおこします。

          なんてカンタン。でも、これはプロ野球でも行っている、小さいことですが、とても大切なことです。

          ホームは唯一と言っていい接触プレーです。こんなところで下手くそなスライディングをして怪我をしてしまっては、とてももったいない。

          カンタンなことから率先して行い、怪我と1点を取りに行く行為を沢山してみてください。

          http://ping.blogmura.com/xmlrpc/n8y89a1x2vpo

          -----
          Posted by : | 打者 | 20:05 | comments(0) | -
          カメラでフォームの確認や試合の記録をする
          0

            指導をする時に、客観的な証拠が無くて困ることはないでしょうか。選手も監督から「あぁしろ!こうしろ」と意味の分からないことを言われたことがないでしょうか。

            選手には・・・

            「自分の現状」


            が分からないのです。まぁ一生懸命やってこの結果なので、例えば開いているなど分かるはずもないです。

            でもどんな下手くそな選手でも

            「格好が良いか・悪いか」

            は分かります。つまり、自分が格好が悪いと認識させることが大切です。

            その手段と方法、証拠を口頭で言っても100%伝わりません。
            今では、携帯でもカンタンに高画質な写真が撮影できます。

            こんな方法に頼りたくない!なんて思うかもしれませんが、分かっていない選手に何言っても無駄です。伝わりません。証拠を出してあげて下さい。特にサラリーマン監督さんならば良い上司になってあげて下さい。

            その画像・動画を必ず3人以上で確認することで、主観と主観と客観が入ることである程度、矯正する方向性が見えてくるはずです。

            あと、大切なのが

            「記念」

            です。今は楽しいか楽しくないかは分かりませんが、最後の大会を終えるころには楽しいと感じる選手が増えて来ます。

            もちろん、完全に趣味の領域の草野球ではこの方法は理想だと思います。

            今はクラウドもあるし、共有もできます。サービス停止しなければ保存もききます。IDパスワードを共有しておけば選手が夜に確認することもできます。

            例えばGoogleYahoo!Microsoftなどなど。クラウドサービスを利用しながら、記録して指導することも必要な時代になってきていることだと思います。

            監督さんが一人でやる必要はないです。必ず、各世代に1人は写真マニアのお父さんもいます。保護者に助けを乞うことはしたくないですが。。でなければ、写真共有をググってみてもいいかもしれません。

            監督さん!

            カメラ使いましょう

            -----
            Posted by : | 打者 | 09:02 | comments(0) | -
            バッティングのタイミングの取り方
            0

              これからお話するのは恐らく10年後を見据えた上で書きます。今小学生だったら高校や大学でやっておいてよかったと思うことができると思います。

              どのようにタイミングを取るか。
              足を極端に上げない

              日本人はなぜ足をあげるのか。その昔は上げた足を下ろすときに力を伝えることを目的としていたらしい。でも打つのは手であり、ヘッドスピードを高めるのが大切です。

              win-baseball.hatenablog.jp

              ?

              ではどのようにタイミングを取るのか。極端なことを言うと重心を軸足に載せれば良いだけ。変化球にも対応しやすくなる。

              参考までにメジャーリーグの打者のタイミングの取り方を載せておきます。


              メジャー最強の打者 ミゲル・カブレラ ホームラン集

              足は最小限に抑えるべきでしょう。重心移動とバランス感覚が大切です。アマチュアが一本足でバランスを取れるわけがないと思いませんでしょうか。

              ?

              ?

              -----
              Posted by : | 打者 | 05:06 | comments(0) | -
              草野球で打率をあげる
              0

                草野球で打率の低いチームの特徴はフライアウトがともかく多いです。または、ゴロの打球スピードが遅いか。何より前者の理由が大きいと思います。

                改善方法はダウンスイングとヘッドが下がることを防止することです。では実際にどのように改善するのか。

                逆方向への打撃を心がけるだけで、それらの悪いクセは格段に減ります。技術的なことを話すと、ヘッドが返るタイミングが遅くなるので、悪く言えば差し込まれた状態になります。

                でも、引っ張った状態で引っ掛ける・ポップフライ・空振りよりよっぽど良い結果につながるでしょう。

                あとは打球スピードを上げるために道具に頼るのも作戦のひとつですが、バッティングセンターの練習では根っこで右方向に強い打球が打てる程度がちょうどいいと思います。試合ではどうしても引っ張り気味みなりますので。練習は試合と逆の心理、法則で行いましょう。

                -----
                Posted by : | 打者 | 04:45 | comments(0) | -
                TOP